二重整形などの美容整形で悩みを解消|慎重に検討して失敗を避けよう

若者の間でタトゥーが人気

女性

タトゥーの除去方法

若者の間で、腕や背中などにオシャレでタトゥーを入れる方が増えています。このタトゥーは肌の深い層にまで色素が彫られるために、半永久的に残ってしまいます。なので、軽はずみで入れた結果、就職や結婚に障害がでたり、生活に不便を感じるケースが多いです。そのため、神戸の美容皮膚科では、タトゥー除去を希望する方が多く来院します。 神戸の美容皮膚科では、主にレーザー照射とメスで刺青部分を切除する方法を行います。まずレーザー照射は、色素に反応するレーザーを照射して、徐々に薄くしていく治療です。数回照射することで、数ヶ月かけてゆっくりと除去されていきます。皮膚に傷跡が残る心配もなく、痛みも輪ゴムをはじいた程度なので安心です。 一方、切除法は、刺青部分の皮膚を切除して縫い合わせる方法です。こちらは、すぐに消したい場合、レーザー治療の効果がない症例で適用されます。

神戸の美容皮膚科でタトゥー除去をする際は、施術後のアフターケアが大事となります。というのも、施術後は患部がとても繊細な状態になっているからです。間違ったアフターケアを行うことで、肌に傷跡や副作用が生じてしまうからです。 ここでは、神戸の美容皮膚科での施術後の注意点についてお教えします。まずは、外部からの刺激に細かく注意することです。たとえば、患部をやみくもに触ったり、なるべく紫外線に当たらないように気をつける必要があります。特に紫外線に当たると、シミになる可能性が高いです。また、治療後の回復も遅くなってしまいます。よって、肌が露出する服を着る場合は、日傘で紫外線に当たらないようにするなどの工夫が大事です。